肝臓 働き

肝臓の働きについて

肝臓

様々な臓器の中でも働き者として有名な肝臓。その上、我慢強さもなかなかのもので、ちょっとしたダメージや負担程度ではびくともしません。そんな頑張り屋さんである肝臓の働きについて、ここで具体的にまとめていきたいと思います。

肝臓の役割その1:代謝

私たち人間は生命活動を維持するために、食事などで栄養を摂取することは欠かせません。
そして、その食事で取り入れた栄養素が体中に行き渡るよう、
エネルギーに変換してくれているのが肝臓なのです。

 

つまり、肝臓は人間の代謝を維持するために必要不可欠な役割を担っています。
肝臓がこの働きによって栄養素をエネルギーに変換しなければ、
どんなに栄養を摂取しても体には行き渡らないままとなってしまうのです。

 

そんな肝臓の代謝機能は3つに分けることができます。
それぞれ糖質代謝、タンパク質代謝、脂質代謝です。
では、それぞれの代謝機能について細かくご紹介していきたいと思います。

 

糖質代謝

パンやご飯に含まれている糖質や、果糖、ガラクトースなどの糖類は、
体のエネルギーとして使われていく大切な栄養素の1つです。

 

これらの糖質は最初、ブドウ糖に分解されます。
その後、小腸に吸収されてから肝臓に運ばれ、グリコーゲンに姿を変えられて蓄えられます。
グリコーゲンとして蓄えられた後は、必要な時にブドウ糖に戻されて、
血液を通してエネルギーとして使われていきます。

 

このように、肝臓がブドウ糖の管理を上手く行っていることによって、
血液中の血糖値もバランスよく調節されているわけです。

 

仮に肝臓が病気になったりして、この働きが正常に行われなくなってしまうと、
グリコーゲンを上手く生成することが出来なくなってしまいます。
その結果、糖尿病になりやすくなってしまうのです。

 

タンパク質代謝

肉や魚などに多く含まれているタンパク質。
これはまず小腸でアミノ酸へと分解された後、肝臓に運ばれていきます。
そして肝臓は、こうして運ばれてきたアミノ酸から必要なタンパク質を合成しているのです。

 

この時、使われなかったアミノ酸は、
分解されて尿と一緒に体外へと排出される仕組みとなっています。

 

肝臓が合成して作りだすタンパク質は、
血漿タンパク質といって人体に欠かせないものです。

 

これは血液を凝固させるために重要な役割を担っています。
そのため、肝機能が低下してタンパク質の合成が上手く行えないようになると、
凝固因子が低下して出血傾向などが起こりやすくなってしまいます。

 

脂質代謝

タンパク質と糖質よりも大きなエネルギー源とされているのが、脂質です。
脂肪を摂取すると、最初に遊離脂肪酸とグリセロールに分解されます。
この状態で小腸に吸収された後。今度は中性脂肪に合成され、肝臓に運ばれていくのです。

 

こうして運ばれてきた中性脂肪を肝臓はどんどん分解していきます。
また、脂質と結合する物質であるリポタンパクも肝臓が生成しているのです。

 

脂質を必要以上に摂り過ぎてしまうと、
運ばれてきた中性脂肪の処理が追いつかなくなってしまいます。
その結果、肝臓にどんどん中性脂肪がたまることになり、やがて脂肪肝となってしまうのです。

 

⇒体が疲れやすい人におすすめのサプリメントランキングへ

肝臓の役割その2:胆汁を作る

こちらはあまり知られていない役割かもしれませんが、
胆汁を作り出しているのも実は肝臓です。

 

胆汁は脂質を分解する時に助けてくれるもので、
古くなった赤血球などの不溶物を排泄させるためにも欠かせないものです。
さらに、肝臓で胆汁が作られるときにコレステロールが使われるため、
この働きが正常に行われていることによって、
血中のコレステロール値のバランスが保たれています。

 

こうして作られた胆汁は胆嚢に貯蔵されます。
そして食事などで脂肪を摂取した時に、胆管から十二指腸や小腸に分泌され、
脂質の分解を助けるのです。

 

肝臓の役割その3:エネルギー貯蔵

前述したとおり、脳に必要なエネルギーの中でも、
メインであるブドウ糖などの供給を行っているのも、肝臓の大切な役割の1つです。

 

実は脳では24時間いつでもエネルギーを消費していると言われています。
そのため、肝臓は常に脳に対してブドウ糖の供給をしなければならないのです。

 

こうした脳へのエネルギー供給が滞らないためにも、
肝臓ではエネルギーの貯蔵が行われていると言われています。

 

肝臓の役割その4:解毒作用

アルコールと肝臓との関係をご存知の方は多いでしょうから、
肝臓の中でも解毒の役割は最もメジャーなものといえるでしょう。

 

アルコールの他にもアンモニアや有害な菌、薬など、
体に害が及ぶものの解毒を行っています。
そうしてこれらの物質を、無害なものにして体内を守ってくれているわけです。

 

アルコールの分解

アルコールの殆どは肝細胞で分解されます。
この時の処理方法は、2つ存在します。

 

まず1つ目は、アルコール脱水素酵素によって処理される方法で、
これはアルコールの摂取量が少ない時に用いられる方法です。
アルコール摂取量が多くなってくると、
2つ目の処理方法として、肝細胞に存在するアルコール処理システムが動き出します。

 

この2つの方法によって、アルコールはアセトアルデヒドに変えられます。
アセトアルデヒドは有毒な物質ですが、心配いりません。
アセトアルデヒドに変えられた後すぐに、
今度はアセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸に分解されるからです。

 

こうしてアルコールは無毒なものに変えられて体外へ排出されていくわけですね。
ただし、アルコールの摂取量が多すぎると、
アセトアルデヒドの分解が追いつかなくなってしまいます。

 

その結果、体内にアセトアルデヒドが残って、
二日酔いなど不快な症状を引き起こす原因となってしまうのです。

 

また、体内で食物が消化吸収される時に発生してしまうアンモニア。
この解毒を行うのも、肝臓の代表的な役割の1つです。

アンモニアの分解

アンモニアは体内で日常的に発生するものですが、
そのままにしておくと脳に悪影響を与えてしまいます。
そのため、肝臓が解毒して無毒な尿素に変えてくれているのです。

 

もしも肝臓が機能低下を起こしてしまったとすると、
アンモニアの解毒が正常に行われなくなってしまいます。
その結果、アンモニアが脳に悪影響を与えてしまい、
肝性脳症などを起こしてしまうことになるのです。

 

 

このように、肝臓には様々な働きがあります。
それも私達の生命活動を維持するには欠かせない、大切なものです。
肝臓の機能が低下してこれらの働きが正常に行われなくなってしまったら、
様々な面で弊害が出てくることはお分かり頂けたことでしょう。

 

普段から肝臓を労る生活習慣を心がけ、
肝臓がこれらの働きを難なくこなしていけるように気を遣っていきたいですね。

 

⇒体が疲れやすい人におすすめのサプリメントランキングへ


疲れやすい人へおすすめ
第1位オルニチンZnプラス(価格:初回500円)
オルニチンZnプラス
第2位協和のオルニチン(価格:初回500円)
協和発酵バイオのオルニチン
第3位レバリズム-L(価格:定期初回980円)