肝臓 疲れやすい

肝臓の機能が低下していると疲れやすい

肝機能低下による疲れを説明する女性

健康診断の結果で肝機能異常と診断されたことありませんか?

 

実はこのように診断されても、ほとんどの人が目立った自覚症状を感じていないことが多いようです。そのため、肝機能異常と分かっていてもなかなか対策する気になれない…という人は少なくないのです。

 

分かりにくくても本当は起こってる自覚症状とは…?

「はっきりとした自覚症状が現れてから対策すれば…」なんて呑気に考えていてはいけません。そのように誰でも実感するような症状がではじめてしまったら、
既に生活習慣病などを発症してしまっている可能性が高いのです。

 

しかも、肝臓が機能低下した場合の初期症状は実感しづらいだけなので、
実はきちんと自覚症状として現れていることが多いと言います。

 

その症状というのが、体が疲れやすいというものなのです。
特に慢性的に疲れや眠気を感じていたり、寝ても疲れが取れない…
という場合は、気をつけたほうが良いかもしれません。

 

どうして肝臓が悪くなると疲れやすい体になるの?

肝臓ではアルコールなど、体に有害な物質の分解が行われています。
また、それと同時に体内で摂取された栄養素を、
生命活動を維持するためのエネルギーに変えるのも肝臓の役割のひとつです。

 

しかし、肝臓が悪くなるとこうした機能も低下して、
有害物質の分解やエネルギーの供給が正常に行われなくなってしまいます。

 

その結果、体内に供給されるエネルギーが低下し、代謝も下がり、
体はどんどん疲れやすい状態になってしまうというわけです。

他にもこんな自覚症状が…

慢性的な疲れや、十分に休んでも疲れが取れないなどの症状の他にも、
お酒に弱くなったと感じたり、脂っこい食べ物を好まなくなる…というのも、
肝機能が低下しているときに起こりやすい症状です。

 

もし、これらの症状が疲れやすさとあわせて出ているのであれば、要注意かもしれません。
肝臓を労る生活を心がけ、肝機能の回復に向けて工夫していくようにしてみましょう。

 

⇒体が疲れやすい人におすすめのサプリメントランキングへ

肝臓の機能が低下する原因は?

肝臓に負担をかけてしまう原因は様々です。
ここでは、代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

 

アルコールの飲み過ぎ

肝臓はアルコールを分解する器官としてよく知られていますね。
アルコールを飲むと、飲んでいない時と比べて肝臓に負担がかかりやすくなります。
飲んでいない人なら行わなくて済むアルコールの分解を、
飲んでいる人は行わなければならないためです。

 

適量のアルコールなら問題はありませんが、
毎日のように過剰摂取を続けているとどんどん肝臓を弱める結果となります。
気を付けましょう。

 

食べ過ぎ

食べ過ぎは胃腸への負担をかけるだけではありません。
食べ物の栄養素を分解したりエネルギーにしたり蓄えたりするのは肝臓です。
そのため、食べ過ぎが続いていると肝臓は無理に働き続けなければならなくなります。

 

脂っこい食べ物やカロリーの高い食べ物

脂質が多い食品やカロリーの高い食事は分解するのが厄介になります。
そのため、こうした食事ばかりだと肝臓の働きも無駄に増え、
負担をかけやすくなってしまうのです。

 

睡眠不足

基本的に人間の体は、睡眠中は休憩しています。
そのため、特にエネルギーを必要としていません。

 

夜更かしなどをしていて起きている時間が長くなると、
肝臓はその間ずっとエネルギーを生成し続ける必要があります。
その結果、肝臓に負担がかかりやすくなるのです。

 

運動不足または過剰な運動のしすぎ

適度な運動をしていると、肝臓に脂肪が溜まりすぎてしまうのを防ぎます。
しかし、運動不足に陥っていると肝臓にはどんどん脂肪がたまってしまいます。
その結果、脂肪肝になったり肝臓の働きを阻害するなどの弊害が起こるのです。

 

また、過剰に運動をし過ぎるとアンモニアが発生しやすくなってしまいます。
こうして発生したアンモニアは体に有毒なものであるため、
肝臓が率先して分解しようとします。
そのため、肝臓に余計な働きをさせてしまうわけです。

 

ストレス

肝臓をコントロールしているのは副交感神経です。
これはリラックスしている状態の時に優位となっているため、
リラックス状態をキープしていれば肝臓をコントロールしやすくなります。

 

しかし、ストレスを感じると交感神経が刺激されてしまうため、
肝臓の働きをコントロールしにくくなってしまうのです。

 

喫煙

煙草の煙に含まれている様々な有害物質。
これらは当然、肝臓の働きによって無害なものにされます。
つまり、喫煙量が多ければ多いほど、
肝臓が有毒なものを多く分解しなければならず、疲れやすくなってしまうのです。

 

薬物や農薬、食品添加物など

これらは本来、体にとって有害な物質です。
そのため、肝臓で解毒処理が行われることになります。

 

とはいえ、薬や食品添加物などは現代社会で生きている以上、
摂取する機会も多いものです。ある程度は仕方ありませんが、
あまりにも摂取しすぎないように普段から気を付けていくと良いでしょう。

 

以上が肝機能を低下させてしまう主な要因です。

 

これらの原因を頭に入れておいて、
普段から肝臓に負担をかけ過ぎない生活を心がけていきたいものですね。

 

 

何だか妙に疲れやすい…そう感じている原因は、肝臓にあるかもしれません。
見えない所にあるものだからこそ、少し神経質なくらい考えてあげることが大切です。

 

「しっかり休んでいるのに妙に疲れやすい気がするな…」
そう感じることが多いなら、それは肝臓からのSOSかもしれません。
早めに対策を考えて、積極的に肝臓をいたわっていくように心がけていきましょう。

 

⇒体が疲れやすい人におすすめのサプリメントランキングへ


疲れやすい人へおすすめ
第1位オルニチンZnプラス(価格:初回500円)
オルニチンZnプラス
第2位協和のオルニチン(価格:初回500円)
協和発酵バイオのオルニチン
第3位レバリズム-L(価格:定期初回980円)