疲れやすい 更年期

疲れやすいのは更年期障害の可能性もあり

なんだか最近疲れやすい…そう感じたことはありませんか?
特に中高年になると、疲れやすいと感じることが多くなるといいます。

 

時にその疲れやすさは肝臓の異常からくることもありますが、
40〜60代でもっとも多いその理由は実は「更年期障害」なのです。なぜ、更年期になると疲れやすくなったり疲労回復ができなくなるのでしょうか。

 

更年期って何?

更年期とは、卵巣機能の衰えにより
女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少し、起こるものです。

 

脳の中にある視床下部というところが、
このエストロゲンの分泌をコントロールしているのですが、
ここからいくら「エストロゲンを出して!」と命令をしても、
肝心の卵巣にその力がないためにどんなに命令してもエストロゲンが分泌されません。

 

これによって視床下部は混乱し、
頭と体がアンバランスな状態になってしまっている…というのが更年期障害なのです。

 

このアンバランスな状態を元に戻そうとしたりするために、
体にも頭にも相当な負荷がかかっています。
そのため、通常よりも疲れやすくなり、その疲れも取れなくなるのです。

 

疲れやすい、だるい…という状態にさらにストレスなどがかかったり、
仕事などの肉体的な疲労が重なるとイライラしやすくなったり、
外に出るのが億劫になってしまったりもします。

 

ちなみに更年期は主に女性のものではありますが、
最近では精巣機能の衰えにより、
男性にも起こるものと認知されるようになってきています。

 

疲れやすいのは肝臓?それとも更年期?

「40代もすぎると体が衰えるから疲れやすいのは仕方ない…」
と、それだけで片付けていませんか?
疲れるというのは体からのSOSのサインであることもあります。

 

例えば、肝臓が異常を起こすと、本来代謝されるはずのものが
代謝されなくなったりするために、疲れやすさを感じるといいます。

 

時に年齢が重なることによって、更年期だろう…と思う人もいるかもしれませんが
疲れやすいというその状態を自己判断で片付けるのはとても危険です。

 

もしも疲れやすさを感じたときには、
それがどこからくるものなのかをきちんと把握することが大切です。
面倒かもしれませんが、一度病院で診察を受けるのがいいでしょう。

 

女性は特に育児や親の介護、
子供のお母さんとのお付き合いなんかもあったりして疲れやすいものです。
更年期がくればなおのこと疲れやすくもなるでしょう。

 

「更年期なのかな…」と感じたら、まずは病院で診察を受けてみましょう。
医師の診察のもと、正しく自分の体をケアしていくことが一番大切なのです。

 

⇒体が疲れやすい人におすすめのサプリメントランキングへ

疲れやすい以外に感じられる症状は?

更年期障害における症状は、疲れやすい以外にも様々なものがあるようです。
それでは、疲れる以外の主な症状を幾つかご紹介しましょう。

 

  • 顔がほてる、またはのぼせる
  • 動悸
  • めまい
  • 倦怠感
  • 肥満症
  • むくみ
  • 肩こりや首のこり、腰痛など
  • 手足がしびれる
  • イライラしやすくなる
  • 不安感やうつ状態に陥りやすくなる
  • 睡眠障害
  • 月経異常や不正出血
  • 食欲の低下
  • 吐き気と嘔吐

 

以上が、主な更年期障害による症状です。

 

勿論、これら症状の表れ方には個人差があります。
そのため、更年期を迎えてからも、これらの症状に悩まされないという人もいれば、
日常生活に支障が出るレベルで悩まされてしまう人もいるようです。

 

色々な症状に悩まされている人は、早めに病院で診てもらうようにしてください。

 

更年期障害を乗り切るために…

更年期障害はホルモンバランスの乱れが主な原因と言われています。
特に女性の場合は女性ホルモンが減少してしまうことによって、
高血圧や骨粗しょう症、糖尿病、動脈硬化などを起こしやすくなります。

 

こうした重篤な病気から身を守りつつ、
更年期を乗り切るためにも重視していきたいのは食生活です。

 

少しでも「更年期かも…」と思うようなところがあれば、
一度自分の食生活を見なおしてみてください。
そして、改善できるところは改善していきましょう。

 

亜鉛でホルモンバランスを整えよう

亜鉛はホルモンバランスを整える働きを持つ栄養素と言われています。
実際、亜鉛が不足すると女性ホルモンの働きが低下したりすることによって、
月経異常などが起こってしまう可能性が高くなると言います。

 

特に更年期になると閉経などで女性ホルモンが減少しやすくなるので、
亜鉛が不足すると余計にホルモンバランスを乱してしまうことになります。

 

骨粗しょう症予防にカルシウム

ミネラルの中でも特に重視したいのが、カルシウムです。
女性は更年期になると女性ホルモン、エストロゲンが減少するため、
骨粗しょう症になりやすくなります。

 

積極的にカルシウムを摂取することで、骨粗しょう症になるのを防いでいけるでしょう。

 

エストロゲンの代わりになるイソフラボン

大豆に含まれているイソフラボンは、
女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つ栄養素と言われています。
そのため、イソフラボンを摂取すると、体内でエストロゲンの代わりをしてくれるのです。

 

更年期を乗り切るためにも、大豆製品で積極的にイソフラボンを補っていきましょう。

 

男性の更年期障害も生活習慣の見直しがカギ

近年では、女性だけでなく男性の更年期障害も問題視されるようになっています。

 

男性の更年期では、疲れやすさなどの疲労感に加えて、
不眠やうつ状態、性欲減退、勃起不全、筋力の低下、
集中力の低下などが主な症状として挙げられるようです。

 

このような男性の更年期障害でも、生活習慣を見直すことが大切なこととなります。
ホルモンバランスを整えるために亜鉛を積極的にとり、
適度な運動を習慣付けていくようにしましょう。

 

また、アルコールを飲み過ぎていたり喫煙量が多い場合は禁酒や禁煙をしたり、
休肝日を設けるだけでも違ってきます。

 

以上のように、更年期障害を乗り切るためには、
ホルモンバランスの乱れなどをサポートしてくれる栄養素が重要となります。
自分の食事を今一度見直して、不足しているところは補っていくように心がけてみてください。

 

もちろん、食事以外にも適度な運動やストレス発散法で、
精神的な疲れを取り除くことも大切です。
生活習慣全体を見直して、可能な限り改善していくことをおすすめします。

 

 

更年期障害は、誰でも悩まされる可能性があるものです。
妙に疲れやすい、イライラする、気力が低下している…
そんな症状が重なっている場合は要注意。
もしかしたら更年期障害になっているのかもしれません。

 

もちろん、更年期障害ではなく、
肝臓が原因で起こっている可能性も考えられるでしょう。
そうだとしても、早いうちから改善策をとっていくことが重要となります。

 

医師に相談してみたり、生活を見なおしてみたり…と、
自分でできることは積極的に取り組んでいくようにしてみましょう。

 

⇒体が疲れやすい人におすすめのサプリメントランキングへ


疲れやすい人へおすすめ
第1位オルニチンZnプラス(価格:初回500円)
オルニチンZnプラス
第2位協和のオルニチン(価格:初回500円)
協和発酵バイオのオルニチン
第3位レバリズム-L(価格:定期初回980円)