妊娠中に疲れやすい原因

妊娠中に疲れやすい原因とは

どうも疲れやすい日が続くと思ったら、妊娠していた…。そんな経験をしたことがある女性もいらっしゃるでしょう。特に、妊娠初期段階で強い疲労に悩まされている人は多いと言います。

 

なぜ、妊娠初期は疲れやすくなるのでしょうか。
ここでは、妊娠と疲労の関係についてお話していきます。

 

どうして妊娠すると疲れやすくなるの?

妊娠したときに疲れやすいと感じる人が多いのは、女性ホルモンの分泌量などが関係しているようです。妊娠すると、女性ホルモンの1つである黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多くなります。

 

このホルモンの分泌量が増加することによって、体がだるくなりやすく、体温も上昇しやすくなるのです。また、ホルモンバランスも乱れてしまうため、情緒不安定になりやすく、これもまた疲労の原因であると考えられています。

 

また、妊娠すると体内のホルモンバランスが変化することで、エネルギー消費量も通常より多くなるのです。その結果、それまでは疲れることのなかった行動で疲れてしまうようになります。

 

さらに元気の良い赤ちゃんを育てるために、体は母体の体力を保とうとするため、眠気も強くなりがちです。このような現象が起こるため、妊娠すると疲れやすいと感じる人が多いと言われています。

 

妊娠中の疲れやすさ、対策はどうすればいいの?

妊娠中の疲れやすい体で生活を送るのは、なかなか大変なものです。できれば無理をしないで、ゆっくり休むことに専念したいところですが、人によっては仕事や家事に追われてなかなか休めないでしょう。そんなときに役立つ、対策法を2つご紹介します。

 

簡単なストレッチで疲れ解消

寝る前や、ちょっとした時間を使ってストレッチを行うことを習慣にしてみましょう。
ストレッチは足を伸ばしたり腕を引っ張ったり、体を回したりなど、一般的なもので構いません。こうしてストレッチを行う習慣を付けるだけでも、疲れを解消させやすくなるのです。

 

ただし、妊娠したばかりの段階で、自己判断によるストレッチを行うと、体に負担をかけてしまう可能性もあります。そのため、妊娠初期の場合は担当の医師と相談しながら、どのレベルのストレッチが調度良いのか確認しつつ進めていきましょう。

 

アロマオイルを使ってストレス解消もおすすめ

アロマオイルにはリラックス効果があるので、妊娠中のストレスを和らげてくれます。ストレスは過剰に溜まり過ぎると、疲労につながる恐れもあるので、適度に発散していきましょう。

 

特に妊娠中はホルモンバランスも乱れやすいので、普段よりもストレスを感じたり、イライラしやすいものです。浴槽のお湯にアロマオイルを垂らしたり、枕に染み込ませたりして、良い香りで気持ちをリラックスさせましょう。

 

おすすめは気分をスッキリさせてくれる柑橘系の香りですが、妊娠中になると、こうした食べ物の香りがつわりの原因となってしまうこともあります。そのため、色々なアロマオイルを実際に試してみて、自分が一番よい香りだと感じたものを選ぶと良いでしょう。

 

 

妊娠してからの疲れやすさには気が滅入るものですが、焦らず対策をしていけば、ある程度疲れを緩和させていくことができます。元気な赤ちゃんを産むためにも、体も心も大切にして、疲れ対策に励んでいきましょう。

 

⇒体が疲れやすい人におすすめのサプリメントランキングへ

疲れやすい人へおすすめ
第1位オルニチンZnプラス(価格:初回500円)
オルニチンZnプラス
第2位協和のオルニチン(価格:初回500円)
協和発酵バイオのオルニチン
第3位レバリズム-L(価格:定期初回980円)