慢性疲労症候群の原因と症状

慢性疲労症候群の原因と症状とは

「しっかり毎日睡眠や休息をとっているはずなのに、疲れが取れない…」
「前よりもすぐに疲れやすくなった気がする…」

 

そんな悩みを抱えていませんか?

 

疲れは誰にでも起こるものであるため、
「大したことないだろう」と、軽く考えて放置してしまう人も多いです。

 

しかし、きちんと休んでいるにも関わらず、
あまりにも長い期間疲れが取れないという人は注意しましょう。
もしかしたらそれは慢性疲労症候群という重篤な疾患かもしれないのです。

 

慢性疲労症候群の主な症状

慢性疲労症候群になると、具体的にどのような症状が現れるのでしょうか。
結論から言うと、慢性疲労症候群によって感じる疲労は、
普通の人が感じる疲労に比べて重いと言われています。

 

またちょっと移動しただけや、買い物に行っただけでぐったりするまで疲れを感じてしまうこともあるようです。そのような状態が、半年以上続く場合は注意しましょう。

 

他にも、慢性疲労症候群になると、次のような症状が現れるようになります。

 

  • 光や音に敏感になる
  • 集中力や記憶力が低下する
  • 体温調節が上手くできなくなる
  • 原因不明の筋肉痛が起こる
  • 胃腸が過敏になる
  • 関節痛に悩まされるようになる
  • 低血圧
  • 風邪のような症状が現れやすくなる(微熱・喉の痛みなど)
  • 頭痛
  • 睡眠障害
  • 脇の下と首などのリンパ節がふくらみ、圧痛がする

 

もし慢性的な疲労に加えて、上記のような症状がいくつも併発している場合は注意が必要です。放置していると、症状はどんどん悪化し、最終的にはベッドから起き上がることさえ困難になってしまう可能性もあります。早めに医師に相談するなどして、しっかりと対処していくようにしましょう。

 

⇒疲れやすい体を改善するためにおすすめ

慢性疲労症候群の原因とは?

慢性疲労症候群を予防するためにも具体的な原因を知っておきたいところですが、実は慢性疲労症候群の原因はハッキリと分かっていません。様々な人達が研究を重ねることで、ある程度の原因は掴めてきているようですが、まだ特定できるレベルではないのです。

 

そこで、現状で挙げられている慢性疲労症候群の原因をご紹介しましょう。

 

  • ホルモンの分泌が低下している
  • 栄養不足
  • アレルギーや免疫機能障害を抱えている
  • 低血圧がひどい
  • 過剰なストレス

 

以上が、現段階でわかっている慢性疲労症候群の主な原因です。

 

特に最近では不規則な食生活や無理なダイエット、ストレス社会などの影響で知らないうちに大きなストレスを抱えていたり、栄養不足に陥っている人は少なくありません。ストレスや栄養不足は、慢性疲労症候群だけでなく、様々な悪影響を及ぼすキッカケとなるので、注意しましょう。

 

なかなか忙しくて食事が偏りがちであったり、ストレスがたまりやすいという人は、疲労回復に効果を期待できるサプリメントなどを活用することをおすすめします。

 

慢性疲労症候群は一度なってしまうと、非常に大変です。
サプリメントを活用するなど工夫して、予防していけるようにしましょう。

 

⇒体が疲れやすい人におすすめのサプリメントランキングへ

疲れやすい人へおすすめ
第1位オルニチンZnプラス(価格:初回500円)
オルニチンZnプラス
第2位協和のオルニチン(価格:初回500円)
協和発酵バイオのオルニチン
第3位レバリズム-L(価格:定期初回980円)