疲れやすい 体力をつける

疲れやすい人が体力をつける方法

疲れやすい体に別れを告げるために体力をつけたい!
そう考えている人は多いと思います。

 

でも、疲れにくい体にするために体力をつける…と言っても、
具体的にどうすればいいの?とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで疲れやすい体にさよならできるよう、
体力をつけるためのコツを身につけて、毎日実践していくことをおすすめします!

 

毎日コツコツでOK。運動を続けよう

運動する女性

体力をつけるために一番効果的といえるのはやはり、適度な運動ですね。毎日少しでも良いので、続けていくことが非常に大切です。

 

「でも、運動って1時間とかやらなきゃ意味が無いんじゃ…」
なんて思っていませんか?

 

決してそんなことはありません!
たとえ1日10分だけでも十分です。

 

とにかく大切なのは、それを毎日続けていくことなのです。
理想は20分〜30分程度毎日することなので、
ゆくゆく10分の運動がラクになってきたら時間を伸ばしていくとより効果的でしょう。

 

運動を続ければ体力がつくだけでなく、他の効果も…

体力をつけるための運動も、
続けていると違った良い影響を得ることができるかもしれません。

 

たとえば、冷え性が改善し血行が良くなったり、
それによって便秘や肩こりの改善につなげていくことが出来ます。
また、からだを動かすことによってストレス解消もできるので、
精神的な病気の予防にも繋げていけるでしょう。

 

ツボ押しを習慣にして疲れにくい、体力のある体づくり

疲れやすい体の改善に効果的なツボ押しがあるってご存知でしょうか?
ツボ押しというと、体力をつけることに繋がるイメージがない人も多いかもしれません。

 

しかし、実はツボ押しを続けることで、
体力をつけることも可能であるといわれているのです。

 

ツボ押しは血行促進や末梢循環をよくしてくれます。
そのため、免疫力の向上などを期待できるのです。

 

それでは、疲れを取るのに効果的なツボを幾つかご紹介しておきましょう。

 

命門(めいもん)

文字通り、生命力の中心となっているツボです。
刺激することで元気を養うことができるとされており、
体調を改善したり体力をつけるには最適なツボと言われています。

 

場所はちょうど腰の中心辺り、おへその真後ろといえば分かりやすいでしょうか。
両手の親指でゆっくり押して刺激しましょう。

 

気海(きかい)

人間の体の中で最も気が集中していると言われている場所にあります。
おへそから下にちょうど指4本分行った所に位置しています。
優しく押して刺激するのでもいいですし、
手でじんわりと温めるだけでも効果を期待できます。

 

以上が、体力をつけるのに効果を期待できるツボとなります。
これらを刺激することを習慣づけて、体力アップに努めていきましょう。

 

肝臓の機能を高めることで体力アップ

肝機能が低下している人は、それにより体力が落ちてしまっていることもあります。
肝臓がしっかり働いていないと、体内の毒素の処理が間に合わずに、
疲れが抜けにくくなってしまうので、肝機能を改善させることによって、
落ちていた体力を回復させることができるわけです。

 

肝臓が弱っている可能性がある方は、有酸素運動を行ったり、
サプリメントを利用するなどして、対策を打っていきましょう。
回復力の高い臓器ですので、比較的早い効果が期待できると思いますよ。

 

食生活も見直して

私達が日々当たり前のように摂っている食事。
食事によって私達は、不足しているエネルギーを補っています。
そのため、食事内容によって体力の有無も異なってくることになるのです。

 

カロリーが低すぎる食事や高すぎる食事、
バランスの悪い食事は体力を低下させる元となります。
食事はバランスを重視して、より健康的なものを摂取していくように心がけましょう。

 

それでは、体力を強化させるためにおすすめな食べ物と、
スタミナを強化するためにおすすめな食べ物の例をご紹介します。

 

体力を強化する食べ物
  • 納豆…エネルギーが燃焼されていくのをサポートしてくれます。
  • ラム肉…基礎体温を高めてくれるので、体力が不足するのを防いでくれます。
スタミナを強化する食べ物
  • ヤマイモ…スタミナ増強効果を期待できるマンナンやグロブリンを多く含んでいます。
  • チーズ…含まれているエネルギーの量はなんと、牛乳の6倍です。
  • 玉ねぎ…ビタミンB1の吸収をサポートし、スタミナを増強させてくれます。

 

質の良い睡眠を取れるように工夫する

体力を高めるためには、質の良い睡眠が必要不可欠です。
最近では夜更かしをしたり、寝る直前までスマホやパソコンを見ていることなどが原因で、
質の良い睡眠をとれていない人が少なくありません。

 

でも、きちんと睡眠をとれていないと体力はどんどん低下してしまいます。
日頃から質の良い睡眠をとるように工夫していきましょう。

 

  • パソコンやスマートフォンの画面を見るのはは寝る1時間前までにする
  • 寝る前にストレッチをして全身の血行を良くする
  • アロマなどでリラックスした状態で眠れるようにする
  • 寝るときは部屋の電気を消すようにする
  • 自分に合った寝具で寝るようにする

 

上記のことを気を付けるだけでも、質の良い睡眠をとりやすくすることができます。
体力づくりのためにも、睡眠不足が気になっている人は、
質の良い睡眠を取れるようにするところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

このように、体力をつける方法には様々なものがあります。
どれも手軽に始められるものばかりです。
無理なく始められる範囲から、体力づくりに取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

<参考ページ>
肝臓に良い食べ物とは
肝臓の働きを助け疲労回復に効果的なオルニチン